×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

母乳 放射性ヨウ素 検出

母親の母乳から放射性ヨウ素検出(サンケイスポーツ)

原子力発電・保安院
福島第1原発事故で各地の水道水や農作物から放射性物質が検出された問題を受け、市民団体「母乳調査・母子支援ネットワーク」が独自に母乳を民間放射線測定会社に送り分析、その結果を20日に発表した。千葉県内居住の女性の母乳から1キログラム当たり36・3ベクレルの微量の放射性ヨウ素を検出、放射性セシウムは検出されなかった。(サンケイスポーツ)
ネットワークの村上喜久子代表は「安全性について判断はまだできないが、母乳は赤ちゃんが口にする。国は早急に広範囲な調査を実施してもらいたい」と訴えている。





母乳に含まれる放射線量の安全基準はない!?

今回の報道をうけ、妊娠中のプレママ・授乳中の母親の多くが衝撃をうけました。
東京都をはじめとし、近隣の県の水道水からも相次いで検出された放射性物質。水道水の放射性ヨウ素が1キログラム当たり100ベクレルを超える場合、粉ミルクなどに入れて乳児に摂取させないよう指針を出しているものも、母乳に関しては調査しきれていないのが現状です。

多くのママがはじめているウォーターサーバーの利用!

牛のえさである稲わら原因で、1キロ当たり50万ベクレルの放射性セシ授乳、おっぱいウムが検出されたニュースでは(水道水から検出されたことを期に、農作物の放射能汚染は徹底されていたハズじゃ…)と不安が広がっています。
そして妊婦、授乳中のママの間で根付いた「わが子を守れるのは親のみ」という、食べ物の見直し。
多くのプレママ、ママが選んだのは原発事故の影響のない海外の水、ハワイウォーターを家族の口にする水として採用すること。
ハワイウォーターは単に、放射能汚染の心配がない!というだけではありません。確かな品質で赤ちゃん、小さい子がいる家庭に支持されています。




▶▶ 妊娠中のプレママ、授乳中のママが選ぶNO.1の支持率!

放射能汚染の心配がないオワフ島から安全なハワイのオワフ島のハワイウォーター

どうしてハワイウォーターがいいの?



単純に摂水が原発事故発生現場から遠い場所である、という理由だけでなく、多くの妊婦さん、ママさんに人気のあるハワイウォーター。
ハワイウォーターが支持されている魅力を紹介します。

日本のウォーターサーバーの中で1番の純水(ピュアウォーター)かつ軟水で赤ちゃんにベスト

ハワイウォーター、ガロンボトル

「純水」とはその名のとおり不純物(塩素や微生物)が除去されたもので、別名「ピュアウォーター」と呼ばれています。宅の浄水器で除去することが難しい不純物をミクロレベルで取り除いた純水を届けてくれます。
まだしっかり臓器ができていないお腹の子、赤ちゃんには不純物のない水が最適なのです。

そして日本のウォーターサーバーで1番の軟水を実現している秘密は、アメリカ航空宇宙局 (NASA) で開発されたROシステムが特徴。
水質を決める値(ナトリウム、カルシウム、マグネシウム、カリウム)の含有量はほぼ0。この値は他のウォーターサーバーと比較しても一目で、軟水の硬度が一般的に30を示す中、ハワイウォーターは1.05と確かな違いを確認できます。この数値の開きから「超軟水」とも言われています。


Doticon_red_Help.png超軟水はどうして実現できているの?

水を浄化を化学的な薬品を使って行っているメーカーもある中、ハワイウォーターは最新技術で浄化ができているので安心。
ウォーターサーバーの水はその成分に目がいきがちですが、採水から家族の口に入るまでの全ての工程が安全であることが「お腹の子、赤ちゃんに真によい水」を選ぶ大切なポイントです。

ハワイウォーターは大自然・オワフ島に降る雨が水源。ハワイウォーター、浄化方法、殺菌方法、ろ過の工程
雨はスポンジ状の火山岩を通過する際、自然に長い時間をかけろ過されるので、この時点で他の天然水を比べても純度が高いのが特徴です。
そしてオワフ島地下200mから摂水された水は品質が徹底された工場に運ばれ、5ミクロンのフィルター (HEPAフィルター) と、活性炭のフィルターで比較的大き目の不純物が除かれます。
そして次の工程で登場するのがROシステム。
ROシステムではさらに1ミクロン~0.0001ミクロンの膜が5段階で働き、目では確認不可能な微粒子レベルの不純物を取り除きます。
そして最終工程はUV・オゾン処理で非加熱殺菌されます。
実はこれもハワイウォーターのポイントで、非加熱殺菌は水のおいしさを損ないません。しかし非加熱殺菌の仕組みは高額で、日本では加熱殺菌で対応しているウォーターサーバー水が殆どなのが現状です。




▶▶ お腹の赤ちゃん、新生児~乳幼児の調乳に最適。

妊婦さん、ママの支持率NO.1の水ハワイウォーター



妊娠中、授乳中はこまめな水分をとりましょう!

妊娠中はお腹の子供を育てるために、授乳中は母乳の元となる血液、す女性、妊婦、ママ、水分補給なわち水分が必要となりとても喉が渇きます。
(たくさん水分をのむとむくむ元になるかも…)は脱水症状を誘発しやすくなるので間違えのもと。適度な運動と食事バランスも大切ですが、水分補給が健康にお腹の子を育てるポイントです。
そして産まれてからは赤ちゃんの世話についつい見逃してしまう、自分へのケア。どんなに育児に手間どっても産後は出産、授乳で普段の倍以上に水を求めている状態。

そんなプレママ、ママのからだも純水(ピュアウォーター)が1番!
お腹の子への供給に、赤ちゃんへは授乳を通じつたわる栄養の素なのです。




▶▶ 妊娠中のプレママ、授乳中のママにも最適なピュアウォーターは…
大自然の仕組みで自然とろ過されたハワイウォーター